ベテルギウスまでの距離は地球から地球4700億個分と判明!【やばすぎ】

オリオン座の恒星ベテルギウスの明るさが著しく低下したことによる超新星爆発が話題になっていますね。

ベテルギウスと地球までの距離が近かった場合、超新星爆発による影響があるのではないかと思い距離を調べてみました。

スポンサーリンク

ベテルギウスから地球までの距離は?

地球とベテルギウスまでの距離は約427光年と言われておりましたが、2008年に改正され約642.5光年と発表されました。

光の速さは1秒間で地球7周もする速度であるため、光の速さで約642.5年かかる距離に位置しているベテルギウス。

めちゃくちゃ遠いというのは分かりますが、いまいちピンとこないので距離に直してみました。

1光年の距離は?

1光年の距離をWikipediaで調べてみたところ、以下のように記されておりました。

1光年は、光が自由空間かつ重力場及び磁場の影響を受けない空間を1ユリウス年(365.25日 = 31 557 600秒)[3]の間に通過する長さである。

真空中の光速度は正確に 299 792 458 m/s であるので、1光年は正確に 9 460 730 472 580 800 m である。

概数としては、約9.46×1015メートル(約9.46ペタメートル)である。

引用元:Wikipedia

難しい計算式は置いといて、単純に距離をはじき出したところ、1光年の距離は9兆4600億km。

ということは、642.5光年は距離にして6078兆0500億kmということになります。

ペテルギウスまでの距離は地球から地球4700個分と判明!【やばすぎ】

地球にして4700億個分です!ヤバすぎますね!

光の速度はどれくらい?

1光年は光の速度で1年かかる計算になります。

光の速度は約30万km/毎秒で、1秒間で地球7周半回る計算になります。

したがって、642.5光年というのは光の速度でも地球からベテルギウス642.5年かかる計算になります。

誰が計算したのかはわかりませんが、凄い数式ではじき出されたんでしょうね。

スポンサーリンク

べテルギウスまでの距離は地球から地球4700億個分と判明!【やばすぎ】まとめ

べテルギウスまでの距離は地球は、約642.5光年。

距離にして、6078兆0500億km。

地球4700億個分の距離に値します。

1秒間で7周半もの速度を出す光でさえ、ベテルギウスから地球まで、642.5年もの年月がかかるのです。

これだけ遠いのですから、ベテルギウスが爆発を起こしたとしても地球には影響は心配ないように思えますが、宇宙とういスケールで見ると642.5光年という距離は近い関係にありますので楽観視できないかもしれません。

ベテルギウス 超新星爆発による地球への被害は?

続きを見る

スポンサーリンク

-宇宙

© 2020 Prompt Info