現金給付対象者の条件が年収100万円以下?自己申告はいつからいつまで?

現金給付対象者の条件が年収100万円以下?自己申告はいつからいつまで?2020年4月3日、1世帯に30万円の現金給付をすることが政府から発表されました。

現金給付が受け取れる対象者の条件詳細が明らかになり、住民税非課税世帯、または、収入が半分になった世帯が対象とのこと。

なお、現金給付を受け取る際は、自己申告が必要なので、いつからいつまでなのかまとめました。

スポンサーリンク

現金給付対象者は住民税非課税世帯の年収100万円以下ってほんと?

1世帯30万円の現金給付金を受け取れるのが住民税非課税世帯と報道されましたが果たして本当なのでしょうか。

ライブドアニュースによると、

支給の対象は住民税非課税世帯。加えて、一定の所得制限を定め、収入が5割程度下がるなど急減した世帯についても対象

引用元:ライブドアニュース

どうやら住民税非課税世帯というのは本当だったようですね。

今回の外出自粛要請問題で、住民税非課税世帯レベルまで収入が落ち込んだ人と思っていただけに衝撃的です。

納税していない人にしか給付金が渡らないのはおかしい!

納税者からは怒りの声が多く上がっているようでした。

ということは働いていない方には問答無用で30万円が支給されるのでしょうか?

スポンサーリンク

現金給付の自己申告は必要?いつからいつまで申告すればいいのか

現金給付の自己申告は必要?いつからいつまで申告すればいいのか

現金給付の自己申告は必要になるようで、どこでどんなことを申告するのでしょうか。

また、いつからいつまで申告すればいいのかまとめました。

現金給付の自己申告はどこでどんな申告をするの?

1世帯30万円を支給することが決まりましたが、自己申告する必要があるようです。

対象者が市区町村の窓口などに申請する自己申告制とし、申請時に所得が減少したことを示す資料の提出を求める。

引用元:時事ドットコムニュース

自己申告は市区町村の窓口で申請とのこと。

外出自粛要請を出しておきながら全く矛盾した対応ですね。

マスク2枚 郵便郵送料や経費が63億円?内訳を見るとバカなのかなと

申請時に所得が減少したことを示す資料の提出を求めるとのことでしたので、元々無職の方は現金支給はされないということでしょうね。

ホント現金支給されるのは一部の限られた世帯に絞られそうですね。

現金給付の自己申告はいつからいつまで

現金給付の自己申告はいつからいつまでなのでしょうか。

政府は、7日にも緊急経済対策を決定する。対策全体の事業規模に関しては今週末にかけ調整が進められる見通しだ。

引用元:時事ドットコムニュース

政府によると、2020年4月7日に緊急経済対策を決定するとのことでしたので、具体的な内容はまだ決まっていないようです。

早くてもゴールデンウイーク前には自己申告がいつからで、いつまで申告するのか明らかになるでしょう。

スポンサーリンク

現金給付対象者の条件が年収100万円以下?自己申告はいつからいつまで?まとめ

1世帯に30万円の現金給付をすることが政府から発表されました。

しかし、対象者の条件はかなり絞られており、年収100万円以下の住民税非課税世帯が対象になるようです。

また、外出自粛要請により収入が半減した方も対象となるようで、自己申告時に所得が減少したことを示す資料の提出が必要です。

市区町村の窓口などに申請しに行かなければならないためマスクも必要ですね・・・

マスク2枚製造業者はどこ?なぜ山口県の中村被服に委託とデマや噂が流れたのか

もし、不正申請した場合は罰則を設ける案も浮上しているのでお気をつけて。

自己申告期間は、いつからいつまでなのか2020年4月7日に緊急経済対策を決定するとのことですので、具体的な期間はゴールデンウイーク前には決まりそうですね。

スポンサーリンク

-政治

© 2020 Prompt Info