植松被告の死刑判決に世間は妥当との声も根本解決には至らず

投稿日:

植松被告の死刑判決に世間は妥当との声も根本解決には至らず相模原市の知的障害者施設で45人をあやめた植松被告に判決が下り死刑が求刑されました。

遺族の方々にとっては悲しみも怒りも忘れられるわけではないものの、せめてもの結果になったでしょう。

ただ、死刑になったからと言って根本的な解決には至らないようです。

植松被告の死刑判決に世間は妥当との声

植松被告の死刑判決で世間の声をまとめました。

まぁ、当然だよな 寧ろ死刑ですら、被害者が浮かばれないまである…
亡くなられた方々にはご冥福御祈りしますとともに この判決に国民の一人として納得です
死刑については色々意見もあろうが、世の中には死んでもらうしかない人も存在する。他の人の命を守るためだ
一安心ですかね
妥当です。 いや、足りないくらいか
当たり前

やはり妥当といった声が多く見受けられました。

ただ、死刑判決だけで単純に終わらせてもいけない問題と懸念している方も多くいらっしゃいました。

植松被告の死刑判決だけでは根本解決には至らず

植松被告の死刑求刑は、一般人である自分でも妥当ではあると感じていますし、遺族の方のことを思うと死刑以外は考えられないとは思います。

ただ、死刑求刑。はい終わり。

だけでは、根本解決には至らないとのことの声も上がっております。

今回の植松被告の犯行は許せるものではありませんが、介護スタッフのストレスは相当なようです。

特に認知症の介護は相当つらいようで、肉親の介護でさえストレスが溜まって介護疲れによる忌々しい事件は少なくありません。

それが赤の他人の介護、しかも薄給となれば、今後も植松被告のような存在が生まれてもおかしくありません。

したがって、植松被告が死刑求刑となったからと言って全て解決とはいかず、介護スタッフの根本的な問題の解決にはなっていないようでした。

介護スタッフには手厚い報酬を渡したり、安楽死や尊厳死が可能な法の整備をやらない限りまたぞや同じような悲劇が繰り返されかねない

介護施設に関わるスタッフへの対策を考えなければ、同じような悲劇が繰り返される可能性があると危惧している方もいらっしゃいました。

植松被告の死刑判決に世間は妥当との声も根本解決には至らず まとめ

植松被告への判決が下り死刑が求刑されました。

これで遺族の傷が癒えるわけではないですし、一生許せることではないものの、せめてもの償いになったのではないでしょうか。

死刑求刑で世間の声は妥当との意見が多かったものの、植松被告への死刑求刑だけでは介護スタッフの根本解決には至らないです。

介護疲れで精神的にやられてしまい、また同じような悲劇が繰り返される可能性があると危惧する声も上がっておりましたので、根深く難しい問題ではあるものの、これで解決したと思ってはいけないですね。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-不祥事

Copyright© スロプロからブロガーに転職 , 2020 All Rights Reserved.