定年後のシニア再就職で哀れな現実 塩が抜けないプライドがズタボロ

投稿日:

定年後のシニア再就職で哀れな現実 塩が抜けないプライドがズタボロ仕事を全うして定年を迎えた後も、やることがなく定年うつを危惧して再就職するシニアが方も多いのではないでしょうか。

定年まで勤めあげたということは、経験やスキル、それ相応の地位についてきたでしょうが、その塩を抜けきらずに再就職先に向かっても哀れな現実しか待っておらず、プライドはズタボロになってしまう可能性が高くなります。

定年後のシニア再就職で哀れな現実を迎える人

定年後のシニア再就職で哀れな現実を迎える人

定年後のシニア再就職で哀れな現実を迎える人の特徴をまとめていきます。

シニア再就職で塩が抜けない

定年を迎えるということは40年以上もの間、会社に尽くしてきたわけですので、それだけでも素晴らしいことです。

それなりのポジションにも就いているはずですし、仕事もバリバリごなしてきていると自負しているはずです。

また、周りの部下からも信頼されたり、気を使われて当然でしょうね。

こういう状態を塩が固まっている状態といいます。

塩が固まった状態で再就職先についても、その塩は抜けないらしく、今までいた会社と同様の振る舞いをしてしまうようになります。

少々偉そうな態度をとっても、今まで勤め上げた会社であれば、部下は気を使ってくれておりましたが、再就職先ではそうはいきません。

郷に入っては郷に従えと言うように、再就職先では今まで自分がやってきたことと違くても順応しなければいけないです。

しかし、プライドが邪魔して今までの自分を正当化してしまう。そして、新たな環境に馴染めず、勤め上げた会社のように少し偉そうな態度を取っただけで、部下にパワハラに思われ不祥事に発展したり、ウザいと思われてしまいます。

40年以上もの間、培ってきた塩がバリバリに固まってしまっているため、中々塩が抜けないというのも仕方ないですが、前職ではうまくいっていたのになぜ今は自由にできなくなるのかとプライドがへし折られ、再就職先の定年を迎える前に辞めてしまったり、最悪の場合は再就職先から出社拒否されてしまう、という哀れな現実に直面する可能性もあります。

シニア再就職で味わう孤独感

シニア再就職で味わう孤独感

会社の上司と言えば飲み会の場でも部下から気を使われていたので楽しくお酒を嗜んでいたことでしょう。

仕事の話を相談されたり、仕事以外のことでも上司の話を聞きたいと周りに人が集まってくることが当たり前だったと思われます。

しかし、再就職先では楽しい飲みの場でも疎外感を味わうようです。

今まではそれ相応の役職に就いていたので当たり前のように気を使われて周りに人が集まってきていたわけですが、再就職先では扱いが全く変わります。

シニア枠の1人でしかないため、好き好んでおじさんの長話を聞きたい!という若者は少ないですからね。

飲み会の場でさえ疎外感を味わってしまい、大したことではないと思っていたとしてもその積み重ねでプライドはどんどん傷ついていきます。

これも40年以上もの間に培われた塩が抜けない状況ですね。

仕事でも飲み会でも今までのような権威が発揮されないわけで、哀れな現実しか感じられなく、仕事に行きたいという感情は薄れていくでしょう。

定年後のシニア再就職で順応させるためには

定年後のシニア再就職で順応させるためには

塩が固まっているため、定年後のシニア再就職で順応させることは中々難しいことではあるものの、今までのような権威をふるまっていては哀れな現実しか待っていません。

定年後のシニア再就職で順応させるためには、塩を抜くことが大切。

東洋経済では塩漬け度という面白いデータがありました。

塩漬け度から塩を抜くための対策を以下にまとめました。

  • 他人からの指摘を受け入れる
  • 自慢話をしない
  • 挨拶をきちんとする
  • 部下や仲間に頼る
  • 妻や子供への命令口調をやめる
  • 妻に弱音を吐いてみる
  • 周りを否定しない
  • 人に頭を下げれる人間になる
  • ルールに厳格過ぎない

塩を抜くためには以上の項目を意識する必要があるようです。

40年間以上も仕事をしてそれなりのポジションについてきた方々にとっては少々難しいこともあるでしょうから全て真っ当する必要はないです。

一つずつ解消することで塩が抜けてきて再就職先でも順応できるようになるでしょう。

簡単な所では妻や子供に命令口調をやめてみる!というところからスタートさせるのがいいでしょう。

また、妻に弱音を吐いてみるというのもいいかもしれませんね。

今まで積み重ねてきたものが一気になくなるような気持もあるでしょうが、孫を見るような寛大な心で仕事と向き合ってみてはいかがでしょうか。

定年後のシニア再就職で哀れな現実 塩が抜けないプライドがズタボロまとめ

定年後の再就職では中々順応できず、今まで積み上げてきたものが一気に崩されるかのような哀れな現実を迎えるシニアの方が多く存在するようです。

今まではそれなりの役職もついて部下にも信頼されてきたわけですので、再就職先で一気に環境が変わればプライドがズタボロになってしまうのは仕方ないです。

飲み会の席ですら今までのようなポジションはとれず、周りは誰も気さえ使ってくれないでしょう。

少しでも再就職先で順応させるためには、今まで培われてきた固まった塩を抜く意識が必要なようです。

今まで頑張って40年以上も勤め上げてきたわけですので、再就職先での理想と現実のギャップに哀れになってしまう気持ちも分からなくもないですが、孫を見るような温かい目で振る舞う姿勢も必要なようです。

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-不祥事

Copyright© スロプロからブロガーに転職 , 2020 All Rights Reserved.