桜を見る会 税金の金額はいくら使った?昭恵夫人もやりたい放題!

投稿日:

桜を見る会 税金の金額はいくら使った?昭恵夫人もやりたい放題!

近年、毎年行われている税金を使った公的行事である「桜を見る会」

年々、参加者や金額が膨れ上がっていると問題になっていますが、いったいどれくらいの税金が使われているのでしょうか。

また、招待者の選考基準はいったいどのようなものなのでしょうか。

お騒がせ夫人の昭恵さんもやりたい放題に関わっているということで、深堀していきます。

桜を見る会 税金の金額はいくら使ったのか

桜を見る会で実際にかかったであろう税金の金額はいったいいくらだったのでしょうか。

2014年から2019年までのデータをまとめてみました。

また、税金の金額内訳や桜を見る会問題で野党が安倍政権を追及する国会運営にはいくらかかるのかを調査いたしました。

2014年から2019年の桜を見る会でかかった税金の金額

2014年から2019年の桜を見る会でかかった金額

  • 2014年:約3,000万円
  • 2015年:約3,800万円
  • 2016年:約4,600万円
  • 2017年:約4,700万円
  • 2018年:約5,200万円
  • 2019年:約5,500万円

桜を見る会の予算はおよそ1,700万となっておりますが、予算内に収まっている年が一回もないですね。

税金金額をいくら使えば気が済むんでしょうかね!

2014年から大幅に予算を超えているにもかかわらず、年々参加人数も増えており、2014年には約1万2,800人だった参加者が、2019年では歴代最高人数の約2万8,200人となりました。

国民の税金を予算内に収める機などさらさらないようですね。

参加人数は1.42倍に対して、かかった金額は3,005万円から5,518万円と1.84倍にまで膨れ上がっております。

参加人数に対して、なぜ金額は2倍近くまで膨れ上がったのでしょうか。

桜を見る会の税金の金額内訳は?

桜を見る会の税金の金額内訳については、以下のように語られております。

  • テロ対策の強化
  • 混雑緩和
  • 飲食代

いずれも参加人数が増えたことにより税金の金額が上がってしまったのが理由でしょう。

人数が増えればテロ対策の警備強化も増えるでしょうし、混雑緩和のための警備スタッフも増えます。

飲食代が増えるのも当たり前ですね。

2014年から予算オーバーについてもっと追及していれば、こんな無駄な税金が使われることはなかったのでしょう。

桜を見る会 野党追及の国会運営に200億円の金額がかかる!?

桜を見る会 野党追及の国会運営にも税金200億円もの金額がかかる!?

桜を見る会問題は連日報道されており、国会でも野党の追及が後を絶ちませんが、この国会運営にも税金がかかります。

国会運営に1日当たり3億円かかっていると考えると、67日間の国会開催中に費やされた税金は3億円×67日=201億円

引用元:Business Journal

金額にして201億円もの税金が投じられている模様。

もちろん、桜を見る会問題だけを言及しているわけではありませんが。

野党も野党で足の引っ張り合いをしているだけのような気がしてなりませんね。

Twitter上での反応は意外や意外、桜を見る会問題に関しては「どうでもいい・・・」という意見が多かったようです。

どうでもいいということはないでしょうが、もっと他に追及すべきことがあるのではないか?ということなのでしょう。

野党も枷となるような追及しかしないため、安倍政権に代わる受け皿がなくなり、いつまでたっても政権交代ができないのかもしれません。

桜を見る会の参加者は?税金で招待者される基準はいったい何!?

桜を見る会に招待される基準っていったい何なのでしょうか。

毎年、予算をオーバーしているにもかかわらず、参加者が増えているということは審査基準も曖昧になってきているのでしょうね。

参加者のもてなしは税金の金額から賄われているというのに・・・

中には反社会勢力の方たちも招待されているなんて噂がありましたが、いったいどうなんでしょうか。

桜を見る会の招待者基準とは?

安倍総理は、桜を見る会の招待者基準に関して以下のように述べております。

  • 各界で功労や功績のあった方々を招待

桜を見る会に招待されていない方は、功労や功績がなかったということになり、勝手にオーディションに落とされたような気持でなりませんが、招待した功労者を労い、懇談する公的行事であり、意義あるものと考えているようです。

桜を見る会は税金でこんな人も招待しているの?

芸能人やアスリートからも桜を見る会に参加しておりしたので、一部ご紹介します。

  • デヴィ夫人
  • 林家ペー・パー
  • 野々村真
  • さかなクン
  • 渡辺裕太
  • メイプル超合金
  • 小峠英二
  • ピコ太郎
  • トレンディーエンジェル
  • ももいろクローバーZ
  • 相川七瀬
  • ラモス瑠偉

えっ?なんでこの人も招待されているの?という方がチラホラ見受けられますね。

選考基準が曖昧というのもうなずけますし、税金を私物化していると言われても仕方ないような気がします。

自民党、後援会関係者が多数

自民党の関係者や後援会関係者の参加者が多かったことも問題視されております。

野党は公職選挙法違反にあたるのでは?と指摘しております。

確かに功労や功績のあった方々を招待という基準ではなく「総裁選に投票してほしい」という意図が感じられますね。

反社会勢力も桜を見る会に参加?

反社会勢力も桜を見る会に税金で参加?

桜を見る会には反社会勢力の方も参加していたとの情報が。

これは招待者の基準が曖昧と問題視されるのは仕方ないですし、シュレッダー問題として取り上げられるのもうなずけます。

これに対して菅義偉官房長官は「結果的に入られたんだろうと思う」とサラッと回答。

テロ対策の強化や警備体制に多額の税金を使ったにもかかわらず、何たるずさんな管理なのでしょうか。

税金なのに私人である昭恵夫人の推薦枠があるってホント?

桜を見る会の招待基準に昭恵夫人の推薦枠もあるとの情報がありました。

税金の金額を使った公的行事であるにもかかわらず、私人である昭恵夫人の推薦枠を認めてしまっては、公私混同が甚だしいと国民は怒るのは当たり前ですね。

いったい昭恵夫人は何人を招待したのでしょうか。

昭恵夫人枠の人数は?

昭恵夫人が招待したとされるのは、聖心時代の同級生、UZUの卒業生、スピリチュアリストなどなど。

共産党の推計では、7年間で143名もの招待をしたとされております。

こんな方々に税金が消えていくと考えたら・・・

森友学園の時もそうでしたが、自由奔放すぎる夫人に対して安倍総理はなぜ野放しのままなのか謎ですね。

昭恵夫人の推薦枠があるってホント?

飲食の受注は昭恵夫人の知人の会社!?

桜を見る会の飲食について、7年間同じ会社が受注されております。

その会社は昭恵夫人と親密な関係にある方の社長さんとのこと。

7年間ということは、2013年の桜を見る会からということになり、それまでは複数の会社が受注されていました。

昭恵夫人が仕切るようになってからは、1社独占という形になり、飲食代にかかる金額も倍以上に膨れ上がったようです。

もう、やりたい放題ですね・・・

桜を見る会 税金の金額はいくら使った?昭恵夫人もやりたい放題!まとめ

桜を見る会で使われた税金の金額は予算はおよそ1,700万に対して約5,500万円!

これだけの予算オーバーの理由は招待基準の曖昧さにより参加者が大幅に増加したことが要因です。

また、昭恵夫人の飲食の受注にも問題があるのではないかと指摘されておりました。

税金を私物化していると言われてしまうのも仕方ないことですね・・・

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-不祥事
-

Copyright© スロプロからブロガーに転職 , 2020 All Rights Reserved.