緊急事態宣言をしない理由はなぜ?独裁国の誕生か

緊急事態宣言をしない理由はなぜ?独裁国の誕生か新型問題で揺れる中、安倍首相は「「緊急事態宣言」を出すような状況ではない」との見解を示しており、野党からは「すでに緊急時代ではないか」「緊急事態だということを、なぜ言えないんですか」と批判されております。

緊急事態宣言をしない理由は何なのでしょうか。

スポンサーリンク

緊急事態宣言をしない理由はなぜか

日々、世の中の不安が広がっていく中、なぜ安倍首相は緊急事態宣言を出すような状況ではないとの見解を示しているのでしょうか。

安倍首相が緊急事態宣言をしない理由

国会で安倍首相は以下のような見解を示しました。

  • 緊急にさまざまな対応をしなければいけない事態ではある
  • 法的に『緊急事態』であるかどうかということについては別
  • 感染のスピードが急速に拡大しているということではまだない

法的な緊急事態を宣言するまでには至らず、感染スピードが拡大しているということがないため、緊急事態宣言を出す状況ではないとの意向を示しました。

緊急事態ですよ。ここ2週間が瀬戸際とか言ってて矛盾している。

悠長なことを言っている安倍首相に対し、世間は呆れた様子です。

緊急事態宣言をしない理由はオリンピック中止を危惧している?

安倍首相が緊急事態宣言をしない理由として世間の声で多かったのがオリンピック中止を危惧しているだけでは?といった声が多く上がっておりました。

「国民の命よりもオリンピックで得られるお金が大事なのか!」との声も上がっており、国民の怒り、批判の声が相次いでおります。

確かに緊急事態宣言をしてしまうことでオリンピック中止は免れないので、批判の声が上がるのも納得です。

スポンサーリンク

緊急事態条項の可決になれば独裁国の始まり

緊急事態宣言とは異なり、緊急事態条項というものがあるが、安倍総理は緊急事態条項を見据えているのが見え見えと批判されております。

すず (@GALSHofficial)さんが分かりやすい説明をしておりましたが、緊急事態宣言と緊急事態条項は全くの別物。

緊急事態条項が可決されれば、緊急事態宣言をした際、国民の権利を停止する権限を持つため、独裁国家の誕生となります。

動画でも語られておりましたが、敷地内に放射性物質を置かれたとしても一切文句も言えない、それで被ばくしても権利がないため損害賠償も認められないといったもの。

まさに独裁者の誕生で日本は終わりを向かえてしまうのではないかと危惧されております。

スポンサーリンク

緊急事態宣言をしない理由はなぜ?独裁国の誕生か まとめ

緊急事態宣言をしない理由はなぜかまとめました。

安倍首相は「「緊急事態宣言」を出すような状況ではない」との見解を示しておりましたが、世間からは「全国休校しておいて勝手だな」と批判の声が相次いでおります。

また「オリンピック中止にしたくないだけだろ、国民よりもお金が大事なのか!」と国民の悲痛な叫びも多く見受けられました。

なお、今の不安な流れに対して緊急事態条項とすり替えられて可決されてしまうのではないかと国民が危惧しております。

独裁国家の誕生・・・

考えただけで背筋が凍ってしまいますね。

スポンサーリンク

-不祥事

© 2020 Prompt Info