武漢の火葬場でスマホ1440万台のデマ拡散理由はなぜか

武漢の火葬場で回線解約されたスマホが1,440万台見つかるという、衝撃的な内容がTwitter上に流れてきました。

恐ろしい憶測が広がっておりましたがデマであるようです。

デマ拡散した理由はなぜなのでしょうか。

スポンサーリンク

武漢の火葬場でスマホ1440万台見つかる

武漢の火葬場の状況がTwitterでアップされました。

衝撃的な動画に様々な憶測が広がりました。

特に世間の間でささやかれたのが、ウイルスの感染者数とイコールなのではといった声が多く上がっておりましたが、この説は誤りでデマでした。

スポンサーリンク

武漢の火葬場でスマホ1440万台と感染者数の関係はデマで拡散理由はなぜ

武漢市で1,440万件の回線解約後に発見された、武漢の火葬場でスマホ1440万台。

確かに今回のウイルス問題と何か結びつきを想像させてしまうでしょうが単なるデマでした。

武漢市の人口は1,108万人

中国武漢市の人口は2018年時点ではあるものの1,108万人とされております。

武漢市民以上の方が亡くなったことになりますので、デマで間違いないでしょうね。

1人2台以上持っていたなんてこともささやかれておりますが無理やりすぎる発想です。

中国の人口は14億人なのでその1%と考えると辻褄が合いそうなものの、なぜ武漢の火葬場1つにスマホが集中するのかも意味不明ですので、関連性はないです。

スマホ1440万台を処理する武漢の火葬場動画の投稿日

画像引用元:YouTube

スマホ1440万台を処理する武漢の火葬場動画がアップされた投稿日は最近ですが、元動画となるYouTubeにアップされた日付を確認したところ、2019年11月13日になっております。

過去に撮った動画を、あたかも最近の出来事であるかのようにTwitterにアップした人によるデマが拡散されてしまったようです。

武漢の火葬場のデマ拡散理由はなぜか

スマホ1440万台を処理する武漢の火葬場動画が拡散した理由はなぜなのでしょうか。

ネット回線が1440万件解約されたというのはどうやら本当であったようです。

ただ、武漢の火葬場に1440万台ものスマホがあったということ自体がデマと思われます。

おそらく最近の新型問題と関連付けてアクセスや注目を集めるためにアップされたのでしょう。

その台数と新型問題がやけに関連性が高いと思ってしまったユーザーが拡散してしまったことにより、デマがどんどんと広がっていったのが理由になりそうですね。

スポンサーリンク

武漢の火葬場でスマホ1440万台のデマ拡散理由はなぜか

武漢の火葬場でスマホ1440万台が見つかった問題は、最近の問題になっている感染者との関連性はなくデマであることが分かりました。

2019年11月にアップされた武漢の火葬場の動画を最近になってTwitterに投稿し、不安を煽ったことで拡散されてしまったのが理由になるでしょう。

新型問題とは関連性はないにしても中々衝撃的な動画で、新型問題以外の何か別の情報を隠蔽しているような気がしないでもないですが真相はどうなんでしょうかね。

スポンサーリンク

-不祥事

© 2020 Prompt Info