アナと雪の女王2の興行収入が前作の2倍!歴代何位に浮上するのか?

2019年11月22日に初日を迎えた映画「アナと雪の女王2」。

初日から3日間の動員数が145万人で興行収入が19億4,205万円・・・

ちょっと考えられない数値に戸惑っておりますが、アナと雪の女王2の興行収入は歴代何位に浮上するのでしょうか!

スポンサーリンク

過去のオープニング興行収入と比較

アナと雪の女王2がどれだけすごいのか。

まずは、2019年に公開された映画と比較してみました。

2019年公開の3日間オープニング興行収入

公開日 映画 興行収入 動員数
2019/04/12 名探偵コナン 紺青の拳(フィスト) 18.8億円 145万人
2019/06/07 アラジン 13.9億円 96万人
2019/07/12 トイ・ストーリー4 17.6億円 127万人
2019/07/19 天気の子 16.4億円 115万人
2019/11/22 アナと雪の女王2 19.4億円 145万人

※公開日順

歴代興行収入トップ100に入っている映画と比較してみました。

総動員数は「名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)」と同様、約145万人ですが、興行収入は断トツの19.4億円となっております。

上記の中で歴代興行収入ランキングで一番の上位になるのが「天気の子」で歴代12位となっております。

その天気の子と比べても動員数約+30万人、興行収入も約+2億円となっており、好発進スタートとなりました。

また、7月公開のトイ・ストーリー4をも上回ったことで、国内の洋画アニメーションで歴代1位のオープニング興収を記録しました!

前作「アナと雪の女王」のオープニング興行収入と比較

公開日 映画 興行収入 動員数
2014/03/14 アナと雪の女王 9.4億円 68.8万人
2019/11/22 アナと雪の女王2 19.4億円 145万人

前作「アナと雪の女王」の興行収入は255億円で歴代3位を記録しております。

その前作と比較して公開から3日間の興行収入、動員数が2倍以上!

歴代興行収入は前作を上回ることは濃厚になりそうですね!

スポンサーリンク

「アナと雪の女王2」は興行収入歴代1位を獲得できるか!?

オープニング興収は歴代3位の「アナと雪の女王」をはるかに上回る数値になっているため、歴代3位を塗り替えることは十分に考えられますね!

あとは上位に残っている2つの作品。

興行収入歴代2位は「タイタニック」

日本の興行収入歴代2位を記録しているのが、1997年12月20日公開の「タイタニック」。

オープニング興行収入は明確になっていませんが、総動員数は1683万人で、興行収入は262億円。

とんでもない数字ですね・・・

それでも、前作「アナと雪の女王」との差はおよそ7億円。歴代2位に食い込むことも十分考えられますね!

興行収入歴代1位は「千と千尋の神隠し」

日本の興行収入歴代1位は2001年7月20日公開の「千と千尋の神隠し」。

こちらもオープニング興行収入は明確になっていませんが、総動員数は2352万人で、興行収入は308億円。

300億円の大台に乗っているのは千と千尋の神隠しのみです。

それまでジブリの作品で一番の興行収入を誇っていたのが1997年7月12日公開の「もののけ姫」で、総動員数1420万人、興行収入193億円だったのですが、わずか56日間で記録を塗り替えてしまいました。

もうバケモノごたる作品でございます・・・

さすがにこの数値を見る限り、「アナと雪の女王2」は歴代一位の壁を乗り越えることはできないような気がしますが・・・

ジブリ作品に1位を死守してもらいたい!という気持ちも強いですが、今後の動向から目が離せません!

スポンサーリンク

アナと雪の女王2の興行収入が前作の2倍!歴代何位に浮上するのか?まとめ

アナと雪の女王2が公開され3日間の動員数、興行収入が前作の2倍以上という素晴らしいスタートを切りました!

前作の興行収入が歴代3位を記録しているので、このペースでいくと前作を上回る可能性は大ですので、歴代2位辺りまでは射程圏内ですね。

問題となるのが歴代1位の作品「千と千尋の神隠し」。もうこれは化け物級の結果を残しています。

総動員数は2352万人で、興行収入は308億円ですので、この作品を上回ることは相当難しいのではないかと・・・

ただ、令和元年に歴代1位を塗り替える!というのも悪くないかもしれませんので、気になる方は映画館に足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

「アナと雪の女王2」吹替版 予告

ディズニー・スタジオ公式による、「アナと雪の女王2」予告になります。

スポンサーリンク

-エンタメ
-,

© 2020 Prompt Info